楽天市場 RMS|Google スプレッドシートをもとに商品情報を更新する(ポイント変倍率以外)

楽天スーパーSALEやお買い物マラソンなどのイベント開始・終了に合わせて、楽天市場 RMS の商品名や販売価格、倉庫指定などを自動で更新することができます。

事前準備|Google スプレッドシート

サンプルをダウンロード

商品管理番号 SKU-A~D の商品情報を更新する場合のサンプルです。B 列・C 列で指定した変更時間に各項目を E 列以降に記載した値に自動で更新し、 D 列に更新完了時間を入力します。

image 8

 

各項目の設定値については、楽天市場 RMS|商品情報を更新 を参照して下さい。

使用するテンプレート

楽天市場 RMS|Google スプレッドシートをもとに、商品情報を更新する

フレーズ設定

1. コア|時間で実行「15 分ごとに実行」

設定の変更は不要です。フレーズの実行時間と Google スプレッドシートの変更時間が一致した行のみ各項目の更新を行います。

テンプレート_時間トリガー

2. Google スプレッドシート|行を検索

Google スプレッドシートの行を以下の条件で検索します。

  • フレーズの実行時間と Google スプレッドシートの「変更日時」「変更時間」が同じ
  • 「更新日時」のセルが空である

以下の項目は「文字列以外の型で取得する」の設定が必要です。

  • 販売価格|整数
  • 表示価格|整数
  • 販売開始日時|日時
  • 販売終了日時|日時

image 9

3. フロー|ループ「行ごとに繰り返す」

設定の変更は不要です。

image 5 (1)

4. 楽天市場 RMS|商品情報を更新

楽天市場 RMS の商品管理番号と Google スプレッドシートの商品管理番号が一致する場合に、商品情報を更新します。「更新内容」は更新したい項目のみ設定をして下さい。

image 10 (1)

5. Google スプレッドシート|ワークシートを更新

更新が完了した Google スプレッドシートの行の「更新日時」にフレーズの実行時間を入力します。

image 11

 

以上で設定は終わりです。