楽天市場 RMS|商品情報を更新

楽天市場 RMS の商品情報を更新できるノートの概要・使用方法について説明します。

💡楽天市場 RMS での事前設定が必要になります。設定方法は 楽天市場 RMS|各ノート利用時の事前設定 よりご確認ください。

1. 楽天市場 RMS 「商品情報を更新」ノートの概要

指定した内容で、RMS の商品情報を更新することができるノートです。

例えば、商品の価格や商品名などを変更したい場合、変更内容の一覧をあらかじめスプレッドシートに用意し、その内容を元に自動で商品情報を更新することができます。


※2022 年 3 月時点で更新できる項目は以下の通りです。

商品名

販売価格
商品画像(1) URL
PC 用キャッチコピー
モバイル用キャッチコピー
表示価格タイプ
表示価格
販売期間指定
販売開始日時
販売終了日時
倉庫指定
ポイント変倍率
ポイント変倍適用期間(開始)
ポイント変倍適用期間(終了)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2. ノートの設定方法

具体的な設定方法について説明します。

1. コネクションを設定

初めてコネクションする場合は 楽天市場 RMS コネクション設定方法 を参考に、コネクションを作成し、設定してください。

一度でもコネクションを設定したことがある場合は、プルダウンにアカウント名が表示されているので、該当のものを選択してください。

RMSコネクション 1


2. 商品管理番号を設定

更新対象としたい商品管理番号を指定します。
特定の値を直接入力するか、エコーから選択することができます。
RMS商品管理番号-2

3. 更新内容を設定

「項目を追加」をクリックし、更新したい項目と内容を設定します。

  • フィールド
    検索取得した伝票に対し、更新するフィールドを選択します。
    Videotogif

  • 更新方法
    更新方法を設定します。
    💡フィールドによって、選択できる更新方法は異なります。
    RMS更新方法-2



  • 更新する値を設定します。
    特定の値を直接入力するか、エコーから選択することができます。
    RMS値-1

3. 更新対象フィールドごとの設定方法

設定において、注意が必要なフィールドについて説明します。

  • 商品画像(1) URL

    r-cabinet にアップロードした画像の URL を設定することで更新できます。
    値フィールドは入力必須のため、画像をクリアすることはできません。

  • 倉庫指定

    更新する値を、プルダウンから選択する方法と 、「Google スプレッドシート|行を検索」ノートを使用して、商品管理番号ごとに任意の値を指定する方法があります。
    • プルダウンで選択する場合
      値のプルダウンより選択してください。
      RMS 倉庫指定の値

    • Google スプレッドシートで検索した値を指定する場合

      商品管理番号ごとに、プルダウンの選択肢の()内の文字列を Google スプレッドシートに記載しておく必要があります。

      値は以下の通りです。

      • 販売中:false

      • 倉庫に入れる:true 

        スプレッドシート記載例

        Google スプレッドシートサンプル
        TēPs ノートの設定例
        RMS 更新内容の値 (1)

 

  • ポイント変倍率

    更新する値を、プルダウンから選択する方法と 、「Google スプレッドシート|行を検索」ノートを使用して、商品管理番号ごとに任意の値を指定する方法があります。

    • プルダウンで選択する場合

      値のプルダウンより選択してください。
      RMS ポイント変倍率の値

    • Google スプレッドシートで検索した値を指定する場合

      商品管理番号ごとに、プルダウンの選択肢の()内の文字列を Google スプレッドシートに記載しておく必要があります。
      ポイント設定をクリアする場合は、値を「個別設定しない(0)」にします。
      Google スプレッドシートサンプル2
      💡ポイント設定を n 倍にする場合、ポイント変倍適応期間(開始)とポイント変倍適応期間(終了)もセットで設定する必要があります。
      💡ポイント変倍適応期間(開始)とポイント変倍適応期間(終了)は、例えばスケジュールトリガーの「現在時刻」エコーを指定した場合でも、分と秒は自動で 00:00 と 59:59 に補正さてしまうため、運用型ポイント変倍を設定した商品のポイントは、本ノートでは更新できません。



  • 販売開始日時・販売終了日時
    販売期間指定を設定する場合は、開始日時・終了日時と併せて「販売期間指定」を指定する必要があります。
    • 販売期間指定の設定方法
      更新する値を、プルダウンから選択する方法と、「Google スプレッドシート|行を検索」ノートを使用して、商品管理番号ごとに任意の値を指定する方法があります。
      • プルダウンで選択する場合
        値のプルダウンより選択してください。
        RMS 販売期間指定

      • Google スプレッドシートで検索した値を指定する場合

        商品管理番号ごとに、プルダウンの選択肢の()内の文字列を Google スプレッドシートに記載しておく必要があります。

        値は以下の通りです。

          • 販売期間指定をする :true

          • 販売期間指定をしない:false

            スプレッドシート記載例Google スプレッドシートサンプル3-2

    • 販売開始日時・販売終了日時の設定方法
      更新する日時を、カレンダーから選択する方法と、「Google スプレッドシート|行を検索」ノートを使用して、商品管理番号ごとに任意の日時を指定する方法があります。
      • カレンダーから選択する場合
        値は、プルダウンより「特定の日時を指定」を選択します。
        Videotogif-1
       
      • Google スプレッドシートで検索した値を指定する場合
        値は「実行時に計算」を選択します。
        スプレッドシートに記載しておく日付の型は「yyyy/mm/dd hh:mm」にします。
        RMS 販売開始日時
        • スプレッドシート記載例
          Google スプレッドシートサンプル4-2
        • TēPs ノートの設定例
          RMS 販売開始日時2

  • 表示価格タイプ

    更新する値を、プルダウンから選択する方法と、「Google スプレッドシート|行を検索」ノートを使用して、商品管理番号ごとに任意の値を指定する方法があります。

    • プルダウンから選択する場合

      値のプルダウンより選択してください。
      RMS 表示価格タイプ
    • Google スプレッドシートで検索した値を指定する場合

      商品管理番号ごとに、プルダウンの選択肢の()内の文字列を Google スプレッドシートに記載しておく必要があります。

      値は以下の通りです 

      • 自動選択:0
      • 当店通常価格:1
      • メーカー希望小売価格:2
      • 商品価格ナビのデータ参照:4
      • メーカー希望小売価格 オープン価格:7
        スプレッドシート記載例
        Google スプレッドシートサンプル5
        TēPs ノートの設定例
        RMS 更新内容の値2


以上で、「楽天市場 RMS|商品情報を更新」ノートの設定は完了です。