キントーン|レコードを取得し Google スプレッドシートに書き出す

キントーンの任意のアプリからレコードを取得し、Google スプレッドシートに書き出します。

使用するテンプレート

キントーン|レコードを取得し Google スプレッドシートに書き出す

フレーズ設定方法

1. コア|時間で実行「15 分ごとに実行」

設定の変更は不要です。

Image (3)

2. キントーン|レコードを検索

Google スプレッドシートに書き出したいキントーンのレコードを検索します。以下は設定の一例です。

  • 検索条件
    • Googleスプレッドシート書き出し済|「済」を含まない
    • 受注日時|実行時に計算「現在時刻より 1 日前 >=(以降)」
  • ソートするフィールド
    • 更新日時|降順

💡同じレコードの複数回処理を防ぐために、処理をしたレコードには処理済みを表すフラグを追加します。検索条件でこのフラグを「含まない」で検索することで、同じ レコードの複数回処理を防ぎます。

3. フロー|ループ「レコードごとに繰り返す」

設定の詳細は下記の画像をご覧ください。

4. Google スプレッドシート|行を追加

Google スプレッドシートのどの列に、キントーンのレコードのどの項目を書き出すか設定します。

以下は設定の一例です。

5. キントーン|レコードを更新

以下は設定の一例です。

💡同じレコードの複数回処理を防ぐために、処理をしたレコードには処理済みを表すフラグを追加します。検索条件でこのフラグを「含まない」で検索することで、同じ レコードの複数回処理を防ぎます。

設定は以上です。