エコーとは

ノートで生成した動的なデータをエコーと呼びます。

先行するノートで生成したエコーを、後続のノートで値として使用できます。

以下のような構成のフレーズで、エコーがどのような役割をするか説明します。

 

  1. 「時間で実行」ノート
  2. Google スプレッドシート「行を検索」ノート
  3. 「メールを送信する」ノート

エコー (2)

フレーズ作成画面|エコー選択のウィジェット

 💡 先行するノート「時間で実行」「行を検索 」で生成したエコーを、後続のノート「メール送信」で使用できます。


上のフレーズでは、Google スプレッドシート「行を検索」ノートで、検索条件にマッチした行の各列の値をエコーとして生成します。

ここでは、SKU・在庫をエコーとして取得しています。

取得したエコーを「メール送信」ノートの本文に、値として使用できます。

メール本文エコー (4)「メール送信」ノート|件名・本文にエコーを値として使用する

 

フレーズを実行したタイミングで、Google スプレッドシートから実際のデータを取得して、Google スプレッドシートに記載された内容を元にメールを送信することができます。

メールサンプル1メール本文|TēPs で設定したエコーの見え方

 

エコーの種類については、エコーの種類 をご参照ください。